副作用

リンキーフラットに副作用の心配はあるの?口コミや成分でわかったこと

投稿日:2018年6月21日 更新日:

リンキーフラットの副作用について

 

リンキーフラットを使うことで副作用の心配があるのか気になったので確認してみました。成分などについて販売元の北の快適工房に直接質問したところ、

「医薬品ではなく化粧品の部類に入りますので基本的に副作用になる成分は入っておりません。それでも肌質には個人差がありますので、パッチテストをしてからお使いになることをお勧めしております。」

 

という内容の返事でした。

 

なるほど医薬品と化粧品では配合できる成分が違うのですね。化粧品には医療レベルの成分は配合できない基準があるので基本的に副作用の心配はないということがわかりました。

 

 

塗って1分でシワがピーンとなるのでてっきり医薬品かと思ってましたが実は医薬品ではなく化粧品なので基本的に副作用になる成分は入っていません。

 

目もとなど皮膚が薄くデリケートな部分に直接塗るシワ取りジェルなので、配合成分はすごく慎重に厳選しています。刺激になるようなものは最初から排除。

 

基本的にはアトピー肌や敏感肌でも使える、というように

以下の成分

・アルコール
・パラベン
・合成香料
・紫外線吸収剤

は一切に入れていません。

 

だから安心して使えるんですね。

 

リンキーフラットの口コミで副作用の意見は?

 

リンキーフラットの口コミで副作用やトラブルがおきたという意見はないか調べてみると、現在の段階では一つも見つかりませんでした。

ツイッターやインスタなどのSNSでも話題ですが副作用がおきたというツイートは見かけません。

それよりもモンドセレクションで金賞を受賞しているシワ取りジェルだということがわかりました。

 

モンドセレクションというのは世界中からたくさんの商品が出品され、成分や効果などそれは厳しいチェックをしてクリアした商品の中で優秀なものだけが金賞などの賞を受賞することができます。

 

厳しい成分チェックをクリアして金賞を受賞したリンキーフラットには悪いものが入ってないことがわかりますね。

 

以上、リンキーフラットの副作用について成分や口コミなどからわかったことをまとめてみました。

 

今すぐ1分でシワがピーンとなる働きを確認するなら最安値でお試しできる公式サイトがお得です。

リンキーフラットは1分でシワ消しできるということですが、どのような仕組みでポーンとなるのか公式サイトでは詳しく紹介されています。

 

リンキーフラットの仕組みを今すぐ見てみる
↓ ↓ ↓
⇒リンキーフラット公式サイトはこちら



リンキーフラットを開発した北の快適工房とは

 

リンキーフラットの販売元の会社は北海道に本社がある【北の快適工房】です。すでに【カイテキオリゴ】や【みんなの肌潤糖】などの人気商品を開発し販売してるので知ってる人も多いでしょう。

 

主にサプリなどの健康食品やスキンケアをあつかっています。

 

リンキーフラット以外にたくさんのモンドセレクションの金賞を受賞している東商第一部上場企業です。

 

なんでもかんでも売ればいい、という会社ではなく発売前には本当に良いものなのかあらゆる方面から実験や検証して安全性と効果などで満足いくものだけを販売しています。

 

北の快適工房はドンキやドラッグストアでの市販は一切やってません。その理由は購入者と直接つながり意見や感想を聞き次の商品開発に生かすためです。

 

さらにより効果的に使ってもらえるように質問に答えたり直接アドバイスをすることができるからです。

 

 

リンキーフラットに配合されている成分をチェック

 

シワに塗るとたった1分でピーンとなる魔法のようなシワ取りジェルですが、いったいどんな成分でできてるのでしょうか?

 

全成分を調べたので紹介しておきます。

リンキーフラット全成分
水、BG、ベントナイト、グリセリン、ケイ酸(Na/Mg)、1,2-ヘキサンジオール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ジグリセリン、キサンタンガム、ホウケイ酸(Ca/Na)、温泉水、カラスムギ穀粒エキス、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、アクリレーツコポリマー、酸化銀、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ラウロイル乳酸Na、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、セラミドNP、(VP/ポリカルバミルポリグリコール)エステル、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、アセチルヘキサペプチド-8、セラミドEOP、プルラン、ポルフィリジウムクルエンタムエキス、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

全成分を見て、おっと思ったのはセラミドが3種類も配合されてることさらに塗るボトックスまで入っていることです。

3種類のセラミド

セラミドは肌の保湿に欠かせないものでバリア機能を正常に維持するために必yぅなものです。セラミドが減少していくと肌細胞の間にスキマが出来て水分が蒸発したり外からの刺激が奥に入ってくるので肌あれなどのトラブルが増えてしまいます。

シワが気になる年齢になるとセラミドの量は若いころより確実に少なくなっています。早めに補充する必要がありますね。

リンキーフラットはシワをピンとさせるだけでなく使い続けるとセラミドまで補ってくれるのですからありがたいですね。セラミドが増えればバリア機能が高まり肌が健康的な状態に導かれます。

リンキーフラットには人の肌にもともと存在しているセラミドととてもなじみやすい種類を厳選して配合しています。

塗るボトックス

塗るボトックスは微トックス注射に似た働きをする成分として話題ですね。種類がいろいろありますがリンキーフラットにはアルジルリン(アセチルヘキサぺプチド-8)が入っています。

アセチルヘキサぺプチド-8はスペインの製薬会社が開発しました。スペインでは世界で当たり前のように行われてるボトックス注射が禁じられております。でもスペインの女性も日本の女性と同じようにシワの悩みは深刻。そこでボトックス注射に変わるものを開発。

表情ジワの原因といわれる神経伝達物質が過剰に分泌されることを押さえてくれる働きがあります。

注射と違ってアミノ酸を結合させた原料でできてるので副作用などはありません。

 

そのかわり即効性もないので気長に使うことが効果を出す秘訣です。
最後に1分でシワがピーンとさせる成分について調べました。

それがリンキ―フラット独自のフィルムスムーサー成分です。

フィルムスムーザー成分

フィルムスムーザー成分は一つではありません。公式サイトには詳しいことは書かれてないですが、短時間でシワを伸ばすクリームなどに配合されてるものがリンキーフラットにも入っています。

私個人の見解ですがフィルムスムーザー成分は

・カラスムギ殻粒エキス
・加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール
・プルラン

という3種類のミックスではないかと思います。

 

このフィルムスムーザーは皮膚の溝に浸透した後に乾いていくことで皮膚を伸ばし溝を平たんにしていく働きがあります。これがシワがピーンとなる仕組み。それぞれ天然由来の原料なので安心です。
⇒リンキーフラット公式サイトはこちら



-副作用
-, , ,

執筆者: