不満

リンキーフラットの不満の真実 購入前にチェック

投稿日:2018年6月19日 更新日:

リンキーフラットの不満とは

 

シワ消しジェルとして注目されているリンキーフラットに不満を持ってる人がいる、いうウワサが耳に入ってきました。

どんな不満なのかさっそくチェックしてみました。

不満のうわさの原因は購入者の口コミからでした

その意見というのは・・・・・・・

シワを消したくて購入しました。朝のメイク時間は限られてるのでリンキーフラットを塗ってすぐにファンデーションを塗ったらボロボロのカスのようなものが出てシワ消しどころではなくなりました。

 

塗った直後は良かったけどファンデーションを塗ったらよれてしまい元に戻ってしまいました。

 

以上のような不満の口コミが見つかりました。

実はボロボロのカスのようなものが出る、ファンデーションを塗るとヨレる、という不満の口コミをよく確認してみると、使い方が間違ってるということがわかったんです。

 

リンキーフラットの正しい使い方とは

 

リンキーフラットの公式サイトで使い方を見てみると塗ったあとしっかりと乾いてからファンデーションを塗ってくださいと説明されていました。

乾かないうちにファンデを塗るとよれたり、ボロボロのカスが出てきてうまく仕上がらないということです。

リンキーフラットの公式サイトでは正しい使い方がよくわかる動画を見ることができます。

>>>リンキーフラットの正しい使い方動画を見てみる

 

フィルムスムーザー成分で形状記憶と皮膜形成

 

また塗ったあとはシワが目立たなくなったのにファンデーションを塗ったらよれて元に戻った、というのはファンデーションによって使い方が違ってくるからです。

リンキーフラットを塗ったところをこするとせっかくできた透明の皮膜が剥がれてしまいます。

 

透明の皮膜というのはリンキーフラット独自のフィルムスムーザー成分でシワの溝に入り込んだ後乾くうちに皮膚を引っ張りピーンとした状態を形状記憶させる働きがあります。

 

そのフィルムスムーザー成分でピーンとなった肌をファンデーションを塗るときにスライドするなど横に滑らせるようにして塗るとはがれてしまい、皮膜がカスのようにボロボロになったりよれてしまいます。

 

皮膜をはがさないようにファンデーションを塗るときはこすらずにポンポンと優しくたたくように押さえるようにしましょう。

公式サイトで購入すると仕上がりが良くなる正しい使い方とコツがわかるパンフレットがもらえますよ。

 

リキッドファンデとパウダーファンデでの使い方

 

リキッドファンデとパウダーファンデでは使い方が異なります。

パウダーファンデの場合はリンキーフラットを塗った後で日焼け止め、化粧下地を塗ったあとにファンデを塗ります。

リキッドファンデの場合はスキンケア⇒日焼け止め⇒リキッドファンデーション⇒リンキーフラットの順番がおすすめです。

リンキーフラットの公式サイトでは正しい使い方がよくわかる動画を見ることができます。

リンキーフラットの公式サイトで動画を見てみる
↓ ↓ ↓

1分でピーン!
魔法のような速効ジェル『リンキーフラット』



リンキーフラットの不満の真実まとめ

 

リンキーフラットはシワやたるみなど老け顔の原因をあっという間に消してくれる魔法のシワ消しジェルです。しかもセラミドや塗るボトックスが入ってるので使ううちにほんとうにシワ取り効果が期待できるので注目されています。

 

せっかくの魔法のアイテムも使い方を間違うと不満爆発!ということになるので、使用前に正しい使い方をマスターしておくことが大切です。

 

1分でシワ消しにしてくれる皮膜成分は肌の上で透明な膜になってシワをピーンと引っ張って形状記憶してくれてます。ファンデーションを塗るときにいつものようにこすってしまうと皮膜が剥がれてしまいます。

 

皮膜が剥がれるとよれたり、ボロボロのカスが出てきて仕上がりが最悪になってしまい不満爆発。

リンキーフラットを塗ったところは軽くたたくようにファンデを優しくのせていきましょう。

 

 

-不満
-, ,

執筆者: